×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ネットを介してB&B

まずはエミュレータ

ここ→http://www.vgsj.com/epsxe/ を元にePSXeを起動できるとこまでもって行きましょう。
Cutorを使ってゲームごとの設定を作っておくと簡単です。
PSエミュは幾つものプラグインを使ってエミュレートするわけですが、 とりあえず、私が使用しているのは↓の通り。
GPU:P.E.Op.S. Soft Driver 1.15
SPU:Eternal SPU Plugin Lite 1.41
CDR:P.E.O.p CDR Driver 1.4
PAD:Internal ePSXe PAD
NET:Internal ePSXe NULL NET

参考までに、GPUの詳細設定を下に写しておきます。
ネットプレイに限って言えば、Windowモード限定で。
IRCなり、kaillera(お勧めしかねます)などでチャットしながらでないと(^^;。

また、ここではWindowSize 640*480にして Stretching 1:1(faster with some cards)を設定しています。
この設定だと、プレイに支障をきたさない程度でも頻出する同期ズレ表示がゲーム画面の外にでますのでお勧めです。

続いてSPU。
GPUで同期させるのではなく、SPUを使って同期させたほうが安定するようです。

また、バッファサイズはメモリが許すなら32以上は確保しておきましょう。
BGMのガタが少しは和らぎます。


ネットプレイ用の設定にする

さて、上のはネットプレイをしないときの構成。
ネットプレイ時は
NET:PS4NET beta 0.4
になります。

ネットプレイをする再に必要なのがもうひとつ。
kailleraクライアントです。
これをePSXeと同じディレクトリに置いておかないと、そもそもNETプラグインの項目自体、Cutor上に現れません。
kailleraclient.dll を ePSXe.exe と同じところへ。
MAME同梱の他のファイルはどうでもいいです。

ものはついで。
ePSXe本体側でマルチタップ設定をしておきます。
Config → Game Pad → Multitap にチェック


起動

ネットプレイ用の設定が完了したら起動してみましょう。
下のようにkailleraクライアントが立ち上がると思います。
ここまで来ればあと一息。
「接続方法」が Excellent になっていることを確認してサーバに接続してみましょう。

なお、『B&B用』は私がいるときのみ立っています。
他には『JAPAN 2nd』が用途フリーなのでそこを利用してもいいでしょう。

必要なツール類(全てフリーウェア) PS4NET
kaillera
kaillera日本語化パッチ
DAEMON Tools(今はあまり必要でもない)
CD Manipulator
しかしイメージ化にはCDRWinを使う方がいいとの事。 その日本語化。 日本語はお好みでこちらなども。
どうも日本語化パッチの仕様が偏っているようですが、気 に す る な